考え方

思考と行動を一致させない奴が一番おわっている

こんにちは、コタです。

意識高い系のタイトルで失礼します。

僕たちSNS世代の不幸に、どこにいても情報が手に入るという環境があると思います。

この「どこにいても情報が手に入るという」という環境がなぜ不幸なのかというと、

僕たちはどこにいても、「〇〇という行動がおすすめ」、「〇〇になった方がいい」というような考えを受信できるということで、便利な反面、「人の思考に影響されやすくなった」という理由があります。

「人の思考に影響されて、自分の行動と思考が一致せずに病んでいる」という状態の人はSNSが存在しなかった頃より増えているように思います。

思考と行動が一致していないから、不幸だと感じる

「この会社はヤバいのに、転職に一歩を踏み出せない」

「この仕事やる意味ないけど、〇〇の頼みだからやるしかないよね」

「恋愛したいけど、仕事が忙しいから無理」

何か行動はしたいけど、何かを理由につけて行動できない人たちの王道パターンですが、彼らのメンタルはこの段階では決して幸せとは言えないでしょう。

彼らは何か行動しなければヤバいという、世の中の変化に気付ける頭の良さを持っている為、自分たちが行動できていない現状がどのように将来に繋がっていくかも想像出来るんですよね。

「やらなければいけないことがあるのに、俺は何をやっているんだろう」と思ったことはないですか?

行動できていないということは辛いですが、それ以上に「変化しないから結果が出ないことがわかっている」のが一番辛いでしょう。

気付いてしまったなら行動しないとしんどい

・副業でお金を稼がないといけないから、せどりで稼ぐ(あえてブログはしない)

・痩せたいからダイエットする(方法は何でもいい)

行動する手段は何をやっても大差はないです。

全部やらなければダメということはないけど、本当に何も行動しないのは終わっている。

一番悲しいのは、何もしていない自分が、地味に体力と気力を削られていることに気付いているパターン。

行動できないなら、気付かない方がマシで、

気付いてしまったなら、行動できないと消耗します。

あえて情報を遮断するミニマリズム

行動しなければ消耗する。

これを回避するとっておきの方法は、「行動しなければいけないという情報を遮断する」ことしかないと思っています。

情報を遮断することで、行動しなければいけないという思考にならないようにするっていうね。

田舎で18歳で結婚出産して、親嫁子供と一つ屋根の下で暮らすDQNたちって幸せそうに見えますよね。

彼らが幸せそうに見えるのは、思考と行動を一致させているから。

彼らは「大金が稼げない、出世できない」という理由でも、「18歳で結婚出産して親嫁子供と一つ屋根の下で暮らす」というコミュニティーの価値観で生きているので、コミュニティーの外を望まない限り幸せです。

・あえて井の中の蛙になり、自分のコミュニティー以外の情報を遮断する

・あえて情報を遮断することによって変化に気付かない

・あえて変化に気付かないから行動しなくても今のままで満足

今後はこんな生き方が最強のミニマリズムになると思っています。

ある意味、最強のミニマリズムなんじゃないでしょうか?

自分の生活を変化させないとヤバいと思ってしまった人は、行動できなければ焦るか、病んでいくようになります。

楽に生きたいなら思考に行動を合わせるべき

これから楽に生きていきたいなら

思考と行動を一致させることが楽に生きていく一番の方法だと思っています。

どういう風に生きていきたいから、どうしようか?