エンジニア

【開発現場で働いたからわかった!】文系出身のIT未経験者がシステムエンジニアになって稼げる絶対的理由

どうも、IT企業に勤めながら営業職だったため全くITスキルがなかった状態からプログラマーに転職したコタです。

フリーランスやノマドワーカーという働き方が有名になり、IT技術職以外の仕事をしていた人でもプログラミングを覚えてフリーランスエンジニアになり稼ぎたいというような人が増えてきたように感じてます。

でもやっぱり未経験だからとか文系の自分には無理だとハナからあきらめてしまうような人も多いのではないでしょうか。

今のIT業界を見ると、プログラミングのオンライン学習サービスが充実してきたこともあり、プログラミングを学ぶという敷居はとても低くなっているし、未経験者でも活躍して稼げるチャンスは十分にあると思っています。

この記事では元IT企業の営業をやっていた僕が、実際にプログラマーとして転職できることと、IT未経験者のほうがプログラミングだけをやってきたIT技術者よりも稼げるようになれる理由をまとめていきます。

目次

文系出身のIT未経験者が理系出身のプログラマーに勝てる所

・コミュニケーション能力が高い

文系出身で特に営業や販売のような仕事をしていた人は、そこらのプログラマーにコミュニケーション能力で負けることはないです。

プログラマーにコミュニケーション能力がない人が多いというのは本当の話なのでこれはチャンスだと思ってください。

・現場(他業種)の知識を持っている

病院で看護師として働いていた人は看護師の仕事がどんな流れになっていて、どんな風に現場が動くかってわかりますよね。

プログラミングだけをやっている人には現場の動きがわからないんです。

この現場の知識がないと、すごい技術を使ったよくわからない使い勝手の悪いシステムができてしまいます。

開発会社もそれを分かって回避しようとするので、現場の知識を持つ人が必要になってくるんです。

金融システムなら金融出身、経理システムなら経理出身のように専門的な業務システムを作る会社ならちょっとプログラミングができる人より、現場知識がある人のほうが需要があります。

・目的意識が高く努力できる

IT未経験なのにプログラマーになろうと行動する人は、フリーランスになって稼ぎたいや自分のWEBサービスを作りたいといった目的をもってプログラマーになる人が多いと思います。

IT業界には営業がやりたくないからプログラマーやっているやなんとなくプログラマーやっているという人がかなりいて、その人たちは仕事の時間以外にはプログラミングの勉強をしないので、少し努力するだけで簡単に追い抜くことができます。

文系出身のIT未経験者が理系出身のプログラマーに負ける所

・情報工学など、スペシャリストとしてのスキル

これは大学や大学院に行かないと学べないような、独学では習得が困難なスキルを指します。

このレベルのプログラマーはプログラミングが好きすぎるとか、自分の言語を作りたいというような人たちなので、プログラミングを使って稼ぐことが目的な僕たちとは土俵が違うし比較対象にもならないです。

スーパープログラマーになりたかったら、別だけどね….

・プログラミング能力

プログラミング能力は、基本を勉強してから開発現場で働くだけである程度は誰でも伸びていきます。(要は経験の差でしかない。)

プログラミングで稼ぎたいって人や自分のWebサービスを作りたいという人は、スーパープログラマーにならなくても大丈夫です。

・ひと昔前の考えを持つ人からの信用力

これは現場のメンバーや会社によるけど、理系出身でプログラミングを学んでいた(昔のプログラマー像)人しか認めないという考えを持った人がいることがあります。

そういった古い考え方の人とは僕たちは相性が悪く、文系出身だったというだけで信用してもらえないので運が悪いとしか言えません。

彼らには実績を見せて認めさせるか、できるだけ関わらないようにするのが得策です。

上司がそういう人だった場合、まず仕事すら振ってもらえないので合わないと思ったら現場を変えてしまいましょう。

文系出身のIT未経験者がIT技術を身に着けることで稼げる理由

IT意外の付加価値を与えることができる

開発現場にはプログラミングができる人しかいません。(開発現場なんだから当たり前ですよね。)

でもプログラミングができてコニュニケーションが取れ、しかも現場で働いたことのある技術者はあまりいません。

さらにマネタイズを考えて意見を出せる人になると、ほとんどいないでしょう。

ITスキルが未熟でも、自分にIT意外の付加価値を付け加えることでそこらのプログラマーより稼ぐことが可能です。

・なんとなくプログラマーをやっている人が多い

これは上にも書きましたが、人と話すのが嫌だからというような理由からプログラマーやっているという人は思ったより多いです。

彼らは自分の嫌なことをせずにすむからプログラマーになったというだけで、プログラミングが好きだとか、ITスキルを使って稼ごうとは思っていないんです。基本的なITスキルがあれば、IT意外の経験があるだけで彼らより僕たちの方が需要が高くなります。

・理系の知識を活かせる現場は意外と少ない

僕が今まで経験してきた開発現場では、理系大学で習うような難しい計算式は出てきたことがありません。難しい計算は頭のいい人たちが元々してくれているので、僕たちはそれをコピペするだけでもシステムは作れます。

理系を知識をつかう現場はありますが、使わない現場もかなりあるので文系出身の僕たちでも働けるので、稼ぐために理系である必要はないです。

まとめ

今の日本はプログラマーになるのに資格はいらないし、実際に開発現場で働いてみると、IT未経験文系出身なんて腐るほどいます。

理系出身だからといって文系出身の人に常に勝ち続けられるとは限らないし、文系出身だからプログラマーになれないなんてルールはどこにもないですよね。

むしろ、IT業界はこの記事で書いたように文系出身でIT業界以外の会社で働いていた人のほうが活躍できるチャンスしかない場所だと思っているし、理系出身でなんとなくやってるプログラマーを奴より、僕たちが活躍できない訳がない。

大切なことはITスキルの他に自分固有の付加価値をつけることです。

プログラミングを極めるより自分の付加価値をITと絡める方が簡単じゃないですか?

これからシステムエンジニアになりたいと思っている人は早くITスキルを身に着けて、自分らしくどんどん稼いでいきましょう。