エンジニア

【稼ぎたい人向け】IT初心者がやりがちな効率の悪いプログラミング学習方法

 

諸注意:この記事はIT技術者として高みを目指す人よりも、効率よくプログラミングを勉強して稼げるようになりたいという人に向けて書いています。

IT技術者として高みを目指したいというような人は読まないでください。

どうも、文系出身でIT未経験の状態からフリーランスエンジニアになりました、コタです。

冒頭にも書いたとおり、今これを読んでくれている人はプログラミングスキルを身につけて、手っ取り早く稼げるようになりたいと思っている人がほとんどだと思います。

今はネットの普及もあってプログラミングを無料で勉強できるオンラインサービスやWebサイトも増えてきました。

でも、そういうサイトって情報量が多いだけに初心者だと何をどこから勉強したらいいのかわからなくなることって多いし、どのサイトもIT知識を高めることに視点を置いているように感じます。

でも、僕たちが知りたいのはITスキルを使って稼ぐ方法であって、スーパープログラマーになる方法ではないんですよね。

この記事では僕が経験してきた、ITで稼ぐことを目的とした場合に効率の悪かった勉強方法を共有したいと思います。

僕が失敗した効率の悪いプログラミング勉強方法

①プログラミング全般を勉強しようとした

いきなり何を言ってるの!?って思いますよね?

これが結構重要で、プログラミングを勉強すると言っても、プログラミングは分野によって勉強する範囲がかなり違ってきます。

ゲームを作りたいのに、炊飯器の作り方を勉強しても意味がないでしょ!?

すべてを勉強しようとするととても効率が悪いってことに気付いてください。

まずは自分が何を作りたいか、何を対象にプログラミングをしたいか(ゲーム、Web系、ハード系)を考えて、将来的にどんなシステムエンジニアになりたいか(ちなみに、僕はWeb系)決めてから勉強を始めましょう。

②本を読んで勉強するだけでコードを書かない

本を読んでそこに書いてある内容だけを覚えることで勉強した気になっていないでしょうか?

プログラムをある程度書けるようになってくれば、本を読んでプログラミングの仕組みを勉強すというのは技術を高めるという目的を達成するためには効率がいいのでしょうが、それが初心者の場合は本を読むだけではそもそも理解することができないんですよね。効率が悪いのですぐにやめてください!

プログラミング(もっといえばIT事業)の本質はコードを書いて物を作り出すことにあります!

本を読むことは悪いことじゃないけど、初心者のうちはそれをする暇があったら自分でコードを書いて動く作品をつくる方が実力が付きますよ!

今すぐ読書をやめてコードを書きましょう!

③コードを暗記しようとした

これは結構誰でもやりがちだと思います!(僕はがっつりやっていました。)

あなたはコードを覚えようとしていませんか??

プログラミング言語のコードは無限に増えるので暗記をするようなものではないです。

そもそも暗記なんてしなくても、ググれば大抵のものは出てきますからね!

プログラミングで稼げるようになるためには、コードの意味を覚えるより、コードのググり方を覚えましょう!

④コピペして貼り付けるだけで、コードの内容を理解しようとしない

これもやってる人は多いと思います。

コピペはバリバリ開発をやっている人でも普通にやるし、僕もやることはあります。

でも初心者がこれをやると、とりあえずネットで拾ったコードを貼っただけで満足してしまうことが多いんですよね。

コピペをするのはいいけど、ちゃんとコードの中身を人に説明できるぐらい理解してからやりましょう!

あと初心者の場合は、とにかく自力でプログラムを書いた方が力がつくので、コピペは基本お勧めしないです。

まとめ

プログラミングの勉強方法はいろいろあるし、どんな方法がいいかはその人の目的によって変わってくると思います。

これからIT技術を取得して稼ぎたいって人は、知識ばかり深追いせず、まずは自分のサービスを作れるようになることを意識して勉強していきましょう。