エンジニア

フリーランスエンジニアになることは簡単か?実務経験一年の僕が独立前に直面した現実

どうも、神戸の某大学法学部出身のコタです。

最近はプログラミング学習のオンラインサービスの広告なんかで3ヶ月でフリーランスエンジニアになれるって書かれているのをよく見かけますよね。

僕もその広告を信じてオンラインサービスでプログラミングの基礎を学んだのですが、さすがに、実務経験がない状態ではフリーランスにはなれませんでした。

先日、大阪の某エージェントでシステムエンジニア歴一年弱の僕がフリーランスエンジニアとして独立した場合、いくらになるのか見積もらいました。

 

実務経験なしでは、エージェントもフリーランス案件は紹介できない

実務未経験でエージェントに案件を紹介してもらおうとして失敗した

僕はオンラインサービスでプログラミングの基礎を勉強して、実務未経験の時に某エージェントからフリーランスの案件を紹介してもらおうとしましたが、実務経験がないからという理由で紹介はしてもらえませんでした。

実務を一年経験したタイミングで二度目の面談を受けてみた

それから一年間正社員や派遣で実務を経験したので先日別の某エージェントに案件の紹介を依頼しました。

実務経験が一年以上あるということで、なんとか紹介できる案件があるということでしたが、実務経験一年弱で紹介できる案件単価は25万~35万ほどになると言われました。

実務経験が一年程の場合は、エージェントによって案件を紹介することもできるけど単価は安くなるようです。

結論として実務経験が一年あれば、フリーランスエンジニアとして独立することは可能ということになります。

実務経験半年でもフリーランスエンジニアになれるか?

結論を先にいうとなることだけはできる。

フリーランスエンジニアになるってこと自体は実はめちゃくちゃ簡単で、今勤めている会社をやめて税務署に行き、個人事業の開始届出って紙切れを出すだけでなれるんですよね。

当たり前のことだけどフリーランスになったら仕事は自分で探さないといけないので、実務経験がない状態では特別な才能や人脈がない限り継続的に仕事をもらうことはできないんです。

あなたがフリーランスになりたいのはフリーランスという名前がほしいからですか?

フリーランスという肩書きになって食べれないなら会社員をやった方がいい。

最短でフリーランスエンジニアになる方法

それでもなりたい場合は、オンラインスクールでプログラミング技術を学んだ後、ランサーズや自分の人脈で継続的な仕事をもらえるなら、すぐにフリーランスエンジニアになることは可能。

エージェントから継続的に仕事を紹介してもらいたいなら、少なくとも1年~3年の実務経験とそれに見合うだけの専門知識を持って、特に下の二つを意識してがんばれば、最短でフリーランスエンジニアとして独立して安定することができると思います。

①自分が顧客に提供できるスキルを高める

これはITスキルとそれ以外のスキル両方のことで、それ以外のスキルは自分が今まで経験してきた他業種の知識や、趣味などのスキルをいいます。その知識をITと絡めて何か価値を提供することができれば、自分と他のエンジニアの差別化ができるので特定の案件に参画しやすくなります。

ITスキルはスーパープログラマーにならなくてもいいので、一人月ぐらいの仕事量が普通にこなせるようにはなりましょう。

フリーランスエンジニアなんで当たり前ですよね。

②ポートフォリオを作ってモノを作れることをアピールする

スキルシートや面接なんて今まで僕たちが何をやってきたか、説明するためだけのもので、何か物を作れるっていう証明にはならないんですね。

だから僕はこんなものが作れますっていう証明をするために、何か自分でシステムを組んでみて、それをポートフォリオとして見せることが大切です。

僕のこれからの戦略

僕はこれから自分が参画しよう狙っている案件に必要な実務経験は積んできたんですけど、ポートフォリオを十分に準備することができませんでした。

やっぱり経験年数が少ないと、スキルシートや履歴者では判断しにくいようです。

しばらくはエージェントと相談しながら、いい案件があればフリーランスとして参画して経験を積むし、無理なら派遣でもうしばらく経験を積みながら自分のポートフォリオを作ろうと思います。